診療内容


虫歯治療


 

初期の虫歯(C0)

歯が黒ずんでいないくて、白く濁っている状態であれば
削らずに治療する事も可能です。
 
〈治療方法〉 
歯科衛生士の指導で正しいブラッシング方法を学び、
これ以上虫歯が進行しないようにしましょう。
 

中期の虫歯(C1)

歯の表面を覆っているエナメル質が溶けてしまい、
小さな穴ができた状態です。
象牙質まで達していないので痛みはありません。
 
〈治療方法〉 
虫歯の部分を必要最小限だけ削りとり、保険適用内の白い詰め物をします。
 

中期より重度の虫歯(C2)

エナメル質が溶けきり、下層の象牙質まで虫歯が進んでいる状態です。
冷たいものや甘いものがしみることもあるでしょう。
痛みを伴い、治療時には麻酔が必要です。
 
<治療方法>
虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をして終わりです。
しかし、深部にまで広がっている場合は患部を削り、型取りをして詰め物を
製作することになります。
 

神経まで達した虫歯(C3)

虫歯が神経まで達している状態です。激しい痛みを感じます。
神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、
歯ぐきが大きく腫れたりします。
 
<治療方法>
神経の治療が必要です。麻酔をして傷ついたり、死んでしまった神経や
膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。
 

歯のほとんどがない状態(C4)

歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。
 
<治療方法>
治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように
根管治療を行ってから、被せ物をします。
症状によっては抜歯しなければならないことがあります。
 


歯周病治療

 


歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。当院では外科的な処置による歯周病治療を提供しています。
 
歯周病は虫歯と違い、歯を支える周りの組織(歯周組織)に起こる病気です。歯周組織とは、
●歯肉(歯ぐき)
●歯を支える骨組織(歯槽骨)
●歯の根元(歯根)をおおうセメント質
●歯根
●歯槽骨をつなぐ歯根膜

からなり、歯を正しい位置に固定させておくための頑丈な組織体です。
 
しかし、歯磨きが不十分だったり、タバコを吸われる方の多くは、
歯と歯ぐきの間に細菌が住み着き、プラーク(歯垢)がたまってしまいます。
そこに炎症が引き起こされるのです。
これが歯周病の始まりです。
歯周病は知らない間に進行しています
 
初めは自覚症状がなく、鏡で見ても気がつきません。
しかし、そのうち歯ぐきが赤くなり腫れてきます。
プラークが固まって歯石になると、自分では取り除きにくく、
放っておくとどんどん歯周病は悪化します。
 
やがて歯と歯ぐきの間にすき間(歯周ポケット)ができます。
さらに炎症が歯肉の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨が
破壊されて、歯を固定する力がだんだん弱くなります。
この状態のまま放っておくと、ついには歯が抜けてしまいます。
 
毎日の歯磨きはもちろん大切ですが、定期的に歯科医院に通い
歯垢・歯石の除去を行いましょう。
 


小児歯科

 


 
ごうや歯科医院では、「子どもさんが安心して治療できる歯科医院」を
目指しています。
 
キッズスペースを設けて、くつろいだ雰囲気の中で
治療を受けることができます。
 
また、スタッフ全員が女性という環境を活かし
あたたかく、安心できる、アットホームな歯科医院づくりを
してまいります。
 
親子で楽しくご来院いただきたいと思います。
 
 
 
 


訪問診療

 
 
 

 
当院では「訪問診察」を行っております。
 
歯科治療をしたい・・・けれど
「病気やケガなどで外出ができない」
「高齢で出かけられない」など
 
そんな時はごうや歯科医院におまかせください。
 
 

自費診療

 
 
 

 
 
 

 
当院では「自費診察」を行っております。
 
保険適用外の自費診療です。
より美しく、快適な歯科治療をご提供いたします。
 
価格、診察内容などはお問い合わせください。
 
 


ごうや歯科医院

 
松本市渚1-7-38   フィオーレ渚 3F
Tel 0263-50-6751
 
院長 合屋ゆかり
 
 
 

診療時間

 午前 9:00-12:30
 午後 14:00-18:00
 
休診日  木曜日午後・日曜日